健康効果

日本酒の酔い対策について

「日本酒は酔いやすい」「二日酔いになりやすい」とよく言われますが、医学的に考えて、特定の酒が二日酔いになりやすく、特定の酒がなりにくい、ということはありません。
要は、摂取したアルコール量の違いによって酔うか酔わないかが変わるのです。
日本酒は醸造酒の中で世界的にもアルコール度の高い酒です。
短時間でガンガン飲めば酔いが早く回るのは当然です。

まず、自分がどれだけ飲めば酔うのか、という限界を知っておくといいでしょう。
ひとりで日本酒を嗜んでみて、見極めてみます。
日本酒を飲む際には、できるだけ味わいと香りを楽しみながらゆっくりと飲むことが大切になります。
ビールやチューハイのような感覚で飲むのはやめておきましょう。

また、料理とともに日本酒を味わうようにすることも必要です。
空きっ腹で飲むと胃壁や肝臓にも負担をかけますので、食事をしつつゆっくり飲むことで、アルコールの分解を助けることにもなります。

そして上手に水を利用するようにしましょう。
酒と酒の間に水を飲むことを「和らぎ水」といいますが、最近では和らぎ水用に日本酒の仕込み水を用意している店もあります。
酒を水で割って燗にする「割り水燗」を酔いが回ってきたら飲むのも対策のひとつです。