健康効果

歴史視点の日本酒

『古事記』に出てくるエピソードに、ヤマタノオロチを退治するために、スサノオの命が「八塩折之酒」という凄まじく濃厚な酒を用いたエピソードがあります。
また、『日本書紀』にも神祭の祝い事に「甘甜酒」を用いたという記述があります。
『古事記』などの記録には、奈良時代から「口噛み酒」といい、噛んで甘くなった蒸米から酒を作っている様子が描かれています。
この「噛むす」が変化して、現在でも使われている「醸す」という語が生まれたと考えられています。

その後、酒は貴族や庶民など階級を問わずに普及していた様子がうかがえ、北条時頼の時代に禁酒令が出されています。
しかしその後も酒は飲まれ続け、室町時代には寺を経営するために僧侶が「般若湯」を頻繁に作っていました。
その技術が現代の日本酒造りに大きく貢献したといわれています。

江戸時代になると、現在でも日本酒の産地として有名な灘が精米技術を生かして一大産地として知られるようになります。
今でも使われている「くだらない」という言葉は、上方から江戸にやってこない酒は旨くないことから生じたとされています。
明治時代に入ると、政府は密造酒を禁じ、富国強兵に役立てるために酒税を採用します。
そして、現在のレベルに達したのは明治~第二次世界大戦前と言われます。