健康効果

ポリフェノールと日本酒の詳細

お酒の中では、ポリフェノールによる抗酸化作用があるとして、健康志向の人からは赤ワインへのニーズが高まっていますが、日本酒にもポリフェノールが含まれているのです。
特に樽酒において、清酒と比較すると2.5倍近い抗酸化作用を示しており、さらに樽に保存する日にちを長くすることによってその作用がより強くなることもわかっています。

日本酒に含まれているポリフェノールは、フェルラ酸と呼ばれている物質です。
このフェルラ酸はさまざまな病気への治療効果が期待されている成分であり、高い抗酸化作用を持っているだけではなく、すでに活性酸素に攻撃されている後の細胞に働きかける作用を持っているなど、非常に複雑な効果を発揮してくれることが期待されています。
また、ガン細胞のアポトーシスを選択的に進めたり、認知症に対して絶大な効果を発揮してくれたり、という効果がわかっています。

しかしながら、フェルラ酸の効果を期待するがあまり、日本酒を大量に飲む、ということは避けたいものです。
「酒は百薬の長」とはいいますが、それはあくまでも適切な量を守ることによってもたらされます。
フェルラ酸の摂取のみを考えるのであれば、サプリメントを利用すると効率的です。