健康効果

日本酒の美味しい飲み方

日本酒を美味しく味わう方法としては、酒器にこだわって飲むのもいいでしょう。
意外なところでは、ワイングラスで日本酒を味わう方法があります。
やや縦長で口がすぼまっているキャンティグラスは、大吟醸をはじめ様々な日本酒の味を引き立てます。
密度が高い酒であればブルゴーニュグラスでも美味しく味わえます。

オーソドックスなぐい呑みや盃も必須です。
陶器のぐい呑みは素朴な質感があり、漆塗りは軽くて持ちやすく、磁器は美しい絵柄が楽しめる特徴があります。
お燗をするのであれば錫の徳利があるといいでしょう。
錫製だと熱の伝導率が高く、短時間で程よい温度に温まってくれます。
酒を注ぐのであれば陶器の片口があると、趣があってかつ使いやすく、酒の香りが開口部の働きで自然に食卓に広がってくれる、という利点があります。

枡で酒を飲むのは祝いの席の習わしですが、木の香りが感じられていいものです。
作法としては平らな部分に唇を添えて啜るように飲むようにするのが習わしです。
枡酒を飲む際、枡の縁に塩を盛って飲むのも趣のある飲み方です。
これは塩の決勝にはうまみを引き出すミネラルが含まれているという理由があります。
枡の角から少し離れている、唇の端が当たるくらいの位置に乗せて飲みます。