健康効果

果実酒と日本酒の詳細

日本酒は原料が酒米であり、果実酒との違いとして、アルコール発酵のさせ方の違いを上げることができます。
アルコール発酵は酵母が原料に由来する糖分を食べることによってアルコールを生み出すことになります。
ワインなどのように、もともと糖分が豊富である果実から造る酒であれば、原料に酵母を加えて直接発酵させてやれば済みます。
この発酵方法を「単発酵」といいます。

一方で穀物のようなでんぷん質の原料を使用する酒であれば、あらかじめでんぷんを糖分に転換して、酵母に食べられるようにしてやる必要があります。
このように、まず糖化を経て発酵させる方法のことを「複発酵」といいます。
複発酵を行う酒の大半はまず原料を糖化した後で、発酵を行う「単行複発酵」が普通ですが、日本酒の特殊性として、糖化と発酵の工程を別々に行うのではなく、同じ容器の中で同時に進める「並行複発酵」を行っている点が挙げられます。
日本酒が醸造酒としてずば抜けて高いアルコールを持っている点はこの製法ならではです。

一方で、日本酒を用いた果実酒というものも近年人気になっています。
日本酒の原酒に梅やイチゴ、キウイなどを漬け込んだリキュールは日本酒ならではの優しい味わいとして人気が出ています。