健康効果

日本酒に関する保存方法

日本酒はワイン同様に、空気に触れると徐々に酸化が進んでいきます。
そのため開封したらできるだけ早く飲みきってしまうのが基本ですが、ワインと違って日本酒は醸造酒でありつつも酸化に強いのが特徴といえます。
そのため、保存の方法が適切であればそれほど神経質にならなくとも大丈夫です。

空気に触れると酒が酸化し始めますので、一升瓶などの酒を飲み残したようであれば小瓶やペットボトルに移し替えるといいでしょう。
しかし瓶やペットボトルが汚れているとかえって逆効果ですのでよく洗浄するように気をつけましょう。

その他に注意する点としては、光と温度という2点を気をつけておくことが肝要です。
光についていうと、日本酒は光にさらされることによって品質を劣化させてしまいます。
そのため、日本酒を入れる瓶自体が緑や黒、茶色などが使われています。

その上でさらに光を遮断できるように、光の当たらない場所に置くだけでなく、瓶を箱に入れて保管するようにしたり、新聞紙などで包んで光の侵入を防ぐようにするといいでしょう。
温度については、高温と温度変化に気をつけるようにすることが大切です。
家庭で保管するのであれば、四季を通じて変化の少ない冷暗所に保管しておきましょう。